設計施工例(my garden) of 北郷創庭舎/いわき市のお庭造り(造園・外構エクステリアの設計施工・維持管理)

 我が家の庭から。

 早春。つかの間の雪が解けると、フキノトウが顔を覗かせ、春が近いことを教えてくれます。
クサソテツ(コゴミ)
 最初は、下草。
 落葉樹が芽吹く前に、春の柔らかい日差しを、一身に浴びます。
 そして、落葉性のツツジ類が春一番の花を咲かせます。
コハウチワカエデ(コハウチワカエデ)キレンゲツツジ(キレンゲツツジ)ヤマブキ(ヤマブキ)
我が家の庭から3(シャガ 他)

 初夏。
 ひと雨ごとに、濃くなる緑。
 梅雨の雨間の花が、緑を引き締めます。
コバノトネリコ(アオダモ)

 写真を撮ることも忘れるほどに、足早に過ぎゆく秋。
 来春の準備ができた順に、冬支度をする木々。

我が家の庭から4(冬 我が家の庭から)


我が家の庭から1(早春 雪間の流れ)
トウゴクミツバツツジ(ミツバツツジ)庭の流れ(春 木漏れ陽)

 春真っ盛り。日々、姿を変える草木たち。

 木漏れ陽は、いつも違う形の影を写し、それが動いて、風が見えます。
我が家の庭から2(初夏 流れのほとり)
シャラ(ナツツバキ)ヤマボウシ(ヤマボウシ)
 梅雨明けとともに照りつける、夏の日差し。
 しっかりと葉を広げた木々が、木陰を作ってくれます。

落葉(ヤマボウシ)
木々がすっかり葉を落とし、冬。
約束された春を待ちます。