2008年11月アーカイブ

夜半から降り出した強い雨も落ち着いて、今日は朝からしっとりと、そして時折しっかりとした雨が降り続いています。
で、現場は休み。これで今月の更新目標をクリアーできると、デジカメを手に、デッキに出てみました。

と、その前に、デジカメに100枚以上のデータが溜まっていて、その中にまたまた満月の写真が。多分、前回アップした画像と同じ日のもの。あまりにきれいな月だったので、帰宅してすぐ、デジカメを持ち出してきて撮ったような記憶が。。。
ススキと満月
ものぐさ植木屋の駐車場の隅に、奔放に伸びたススキが、また良い感じでした。お猪口を手に、もっとゆっくり眺めておいたらよかった、と。

さて、雨の日の我が家の庭。
ヤマボウシやエゴノキの枝先に雫が揺らめいていて、
ヤマボウシの雫 エゴノキの雫

ヤマブキの枝先にも雫が。その脇では、落葉寸前のアブラツツジが黄葉しています。
ヤマブキの雫 アブラツツジ

エゴノキの足元では、葉を赤く凍えさせながらも、ゲンカイツツジが健気に咲き続けていて、さらにその足元では、いつの間にか隅取りして冬化粧したササが、しっとりと葉を広げています。エゴノキの根っこに付いてきたこのササ。何ザサなのでしょうか(調べればいいんだけど)。
ゲンカイツツジ ササ

私の足元には、「そんなことしている暇があるんなら、遊んでよ。」と、切なく目で訴えるコジローが一匹。
コジロー

やっぱり、半月ぶりになってしまいました。

すっかり、日が暮れるのが早くなって、剪定が終わったら、すでに夕闇。見事な満月。
満月

犬走りの縁に側溝を。ということで、庭の隅にあった石と瓦で。
瓦
最後に溝に玉砂利を入れて、材料費は砂利代のみです。

ヤフオクで千円で落札した袴をはいて、お茶のお稽古に。袴のたたみ方を教わっているところ。
袴

末続の現場の帰り。冬らしい太平洋。
波立

一昨日は、耐寒キャンプ。は、くじけてバンガロー泊。鬼ヶ城。
まずは、山登り。休憩に腰を下ろしたら、ビロードのようなきれいなコケがあったので、思わず見とれてパチリ。
コケ

冬枯れの山は、からっと日が差して気持ち良い。
登山道 鬼ヶ城
尾根からの展望は大したことなかったけど、登山口からは、阿武隈の山々が見渡せました。
山並み

バンガローの前の林は、落ち葉のプールになっていました。
バンガローから 落ち葉
落ち葉の中から胡桃の実を探して、香ばしく焙っていただきました。

とっても寒い夜だったけど、澄み切った夜空で、手が届きそうに瞬く星。天の川もくっきりと、何年かぶりに見た美しい星空でした。

今月の更新目標まで、あと1回。

またもや、すっかり更新をサボっている間に、秋も深まってきました。
我が家の庭では、ナツハゼが秋色を濃くし、毎年初冬に咲くゲンカイツツジが、もう咲き始めています。
ナツハゼ ゲンカイツツジ

3日の日曜日。秋をたしかめに、猫鳴山ハイキング。千軒平の奥から林道を辿って、二ツ箭山-猫鳴山-三森山の縦走路に取り付き、猫鳴山の山頂を通って、東電の鉄塔管理路を戻ってくるコース。十二・三年ぶりに歩いてみました。
林道歩き 縦走路
山頂にたどり着く前に、携帯の電源が切れてしまいました。で、山頂の写真は無し。
途中、めずらしいヤマブシタケを見つけたので、お持ち帰り。愛知万博のキャラクターに似てるような。
ヤマブシタケ
早速食べてみましたが、初めてでこわごわ食べたせいか、特別美味しいものではありませんでした。

先週前半は、強風と小春日和が日替わりの天気。天気のいい日は、トレーナーを脱いで。
大きなクモが日向ぼっこです。
クモ

週末を2回挟んで足掛け10日間の剪定。広い敷地には大きな木があって、風の無い日にだけ作業できます。久しぶりに高い木に登ったので、記念撮影。足元の眺めと、遠く水石山の姿。
サワラの天辺 水石山遠望

今月は、あと2回くらい更新できればいいなぁ。

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31