2008年7月アーカイブ

今朝、現場へ行ったのですが、家を出る頃から雨。少し様子を見ていましたが、止む気配がないので、剪定作業は中止にしました。先月初旬から、ほぼ二ヶ月ぶりの雨休みです。

で、雨の日恒例のお絵かき。今日は、居間の前の芝生を剥がして、コケと砂利の庭に改修するご依頼のお絵かき。
図面
改修の場合、図面が揃っていないことが多く、また、既存の樹木の配置等を、イメージどおりにパソコンで入力するのも大変なので、手作業が多くなります。
図面は何回か修正することが多いので、書き直す手間を省くためにパソコンの助けを借りますが、今回は規模が小さいので、全て手作業。定規も使わずに、方眼紙とシャーペンと消しゴムだけのお絵かきです。

お絵かきと見積りを2件終えて、すっかりサボっていたブログ用のデジカメ写真の整理。

まずは、一昨日の夕立。
夕立
池の奥に枯れ滝がありますが、土砂降りの雨が、手前の池の護岸から流れ込んで滝になっています。

それから、一昨年作った露地の外囲いの足元になじんできた、トクサ。
トクサ

次は、剪定途中の枝葉。

光と影
今月はじめに、庭仕事を覚えたいという熱心な外構屋さんが、一週間研修に来ました。
はじめてなので、掃除や簡単な刈り込み程度しか教えられませんでしたが、偉そうに講釈してしまいました。「形の出来上がった刈り込みものなら、器用な素人でも、教えればすぐに出来るようになる。直線は直線に、丸いものは丸く、というだけの作業なのだから。プロは、どういう形にするか、どの深さまで刈り込むかを説明できてやって見せる。」なんて。たかが刈り込みでも、もっともっといろいろなことを考えて判断しないと、上達できない、結構、奥の深いものです。
言い忘れましたが、その庭はどうしたらもっと良い空間になるのか、イメージして、そのための剪定をしてください。同じ種類の庭木でも、近景に植わっているものと遠景のものとでは、剪定の中身が全然違ってもいいはずです。もちろん、それぞれの木の育ち方に合わせた剪定でなければなりませんが。どういうカタチに近づけるか、一番大事なのは、剪定技術以上に、作業者の価値観・美意識・感性・・・そういう得体の知れないものです。
上の写真は、モチノキを葉刈り鋏一丁で透かし風に刈り込んだ後、その下のサザンカに枝葉に降りてきた光の様子。どうって事のない写真ですが、光と影のバランスを探ってみたりもします。

さて、続き。
剪定していたら、葉っぱに隠れて小鳥の巣があったり、軒下にツバメの巣があったり。
小鳥の巣 ツバメの巣

去年と同じお宅で、今年もハチに刺されたり。我が家の軒下に、もっと立派なハチの巣があったり。
アシナガバチ1 アシナガバチ2

と、まぁ10日ぶりの更新です。

午睡

| | コメント(3) | トラックバック(0)

今週も、剪定。

今日は、独立した年から手入れさせていただいてるお宅。もう6年?
私が赤ん坊の頃に立てられたお家。落ち着いた畳のニオイのする縁側で、味噌汁を頂きながら弁当を食べ、一服していると、時間が止まっているようです。
縁側

ごろんと横になっていると、昼寝したくなってきます。ここで、カキ氷機をガリガリやったら、子供たちが集まってくるだろうなぁ。でも、周りには子供たちの遊ぶ声が聞こえません。この辺も、子供が少ないのかなぁ。と思ったら、まだ夏休み前の平日。子供は学校、大人は仕事だ。
13時まで、少しの間昼寝しようかと時計を見たら、もう13時。。。浦島太郎になった昼休みでした。

半月ぶりの更新になってしまいました。
このところ、ずっと剪定の毎日。幸か不幸か、空梅雨で雨休みもなく、猛暑日もなく。作業日和の日が続くので、朝から晩まで、ヘロヘロになりながら働かせていただいております。現場写真を撮る余裕も無いほどに。

でも、日曜日は休みです。6日の日曜日。夏空に誘われて、磯遊びに行ってきました。見渡す限りのアオサの絨毯。
薄磯
アオサとメカブを摘んで、食料費の高騰をしのぎます。どちらも、冬が旬のようですが、アオサは小さい芽を摘んでアオサ汁にしたら、とっても美味しかったです。メカブは、ちょっと固くなっているので、細かく叩いてメカブトロロにして、酒のつまみで、こちらも美味しくいただきました。

半月、まぁ、こんなところです。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31