続・庭屋の言い分

| | コメント(2) | トラックバック(0)

先月始まった外構主体の工事も、板塀を取り付けて、先週でようやく完了。
板塀

この仕事、他社からも外構工事の提案があったのですが、駐車場から玄関まで真っ直ぐのアプローチだったので、昼間もリビングのカーテンを開けられないし、駐車場に一番近い和室も、障子を開けられなくなっちゃう。

最後に取り付けた板塀で、プライバシーはかなり確保されたと思うのですが、この板塀の本当の役割は、物干し竿の受け金具を取り付けるためと、洗濯物隠しなのです。
物干し
室内の動線を検討すると、洗濯物は、2階のバルコニーより、ここに干したほうが断然楽チン。
和室の窓外に縁台を置くと、室内から洗濯物が干せるし、和室を使うときは、物干しを収納してしまえばOKです。

「でも、コンクリート工事は、外構屋さんに頼んじゃえばいいじゃん。」「だって、こんなにスケジュール調整の大変な仕事、なかなかやってくれないよ。」などと、自問自答してみましたが、「外注するほど忙しくねーだろう。」という声が、ひときわ大きく聞こえていた次第でありました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 続・庭屋の言い分

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://e-oniwa.com/cgi/mt41/mt-tb.cgi/320

コメント(2)

お疲れ様でした。板塀、建物と調和がとれていてグ~。
機能的にもグ~。外注しないで経費もグ~。笑

>しんぼうさん

経費もグ~なんだかどうだか、です。
本音は、庭師がすべき仕事に、専念したいのですが...

雨の日も、日曜日も、庭師をしているしんぼうさんに、
あやかりたいです。

このブログ記事について

このページは、toshiが2008年6月17日 21:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いつのことだか~」です。

次のブログ記事は「作業週報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31