2007年12月アーカイブ

ワビスケの写真
昨秋植えたワビスケが、咲き始めました。

もう、明日で今年も終わり。今年一年も、目一杯でしたが、今年も何とか無事に暮れを迎えることができました。毎年毎年、反省することばかりですが、それだけ成長できることがたくさんあると思えば、また来年も楽しくなります。何より、つつがなく、また新しい年を迎えられることに、感謝です。

今年一年お世話になったお客様へ。。。おかげさまで、今年も無事に年末を迎えることが出来ました。全てへの感謝として、今年の売上の1%を、ユニセフに寄付することが出来ました。ひとえに、皆様とのご縁のおかげです。未熟ながらも、お付き合いいただいたことに、あらためて感謝いたします。ありがとうございました。

皆様にとって、来年もまた良い年になりますように。

2007年12月20日

| | トラックバック(0)

今日は、今年最後の「植物探訪」の日。好間川散策。
吊橋を3つ渡って、のどかなお散歩でした。
景色
好間川の河岸段丘から、V字谷を望む景色。吊橋を渡るところの写真も撮っておけば良かったなぁ、と思ったけど、後の祭りです。

夜は、子供の同級生のお宅のイルミネーションを見物に。
鳥小屋の写真
この前の日曜日に、鳥小屋作りに来ていたこの大きなおじさんが、コツコツと9月から準備していたそうです。
イルミネーション
また、バージョンアップしてる。

携帯、換えた。

| | トラックバック(0)

今日は、ちっとした剪定。年間管理(と言っても、年に2・3回)の、今年最後のメンテナンス。

暴れそうな枝を抜いたり、枯れ枝を落としたり、巷の植木屋さんにすれば、腕の見せ所の無い仕事です。でも、全てが新植の庭を次第に自然に帰すように作ったので、これでいいのです。常緑樹の剪定した枝葉は持ち出しますが、落葉樹の枝や枯れ枝は、さりげなく地面に振り落としておきます。もちろん、落ち葉も。だから、この庭では、剪定した枝葉はほとんど持ち出しません。作庭後4年、落ち葉や枯れ枝が積もって、次第に土が隠れてきました。

もう、12月も半ば。カエデ類の紅葉もすっかり終わり、雑木林は冬景色。落葉した木々を抜けてきた日差しが、林床のクマザサを暖めます。冬の章のはじまり。

自然風の庭、冬の写真

3ヶ月前に発売したデジカメ風の携帯が、半分以下にプライスダウンしていたので、衝動買いしてしまいました。今使っている古いデジカメと変わらない写り。レンズを傷つけないように、大事に使おうっと。

今日も、剪定。

2年前に剪定したシラカシを、透かしてゆきます。鋏が入った跡が分からないように。小枝が柔らかくそよぐように。
今日も、作業の途中で気づきました。今日も、作業前の写真を撮り忘れた。慌ててパチリ。
シラカシ剪定中の写真

そして、剪定後にパチリ。
シラカシ剪定後の写真

でも、携帯カメラのレンズが傷だらけなので、今回もボケてます。
この携帯も、3年以上使っている。最近は、2日おきに充電しないとダメ。
4・5年前から使っているデジカメも買い換えたいけど、現場作業しながら写真を撮るには、携帯が便利なので、そろそろ、携帯を買い換えてもいいでしょうか(誰に言ってる?)。

薄化粧

| | トラックバック(0)

艶っぽい話題ではありません。生垣の剪定の話。

今日は、延々と続くツゲの生垣の剪定。延々と続くので、刈込みバサミではなく、バリカンに頼ります。でも、ウチの生垣の刈込みは、バリカンや刈込みバサミの出番は少ないのです(状況が許せば、ですが...)。まずは、太い枝や小枝の塊を抜いて、そよそよなびく小枝で大体の輪郭を作ります。その後で、刈込みバサミやバリカンの登場。生垣の表面の枝先だけ、さっと整えてあげます。

ツゲの生垣の剪定写真

左手前は、枝抜き前。中央が枝抜き後。そして左奥が、バリカンをかけた後。
表面だけ刈込む厚化粧より、内側からきれいにして、表面はさっと刈込むだけの薄化粧の方が、好きなのですが...予算や作業規模など、状況が許せば。です。

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31