2007年5月アーカイブ

石積み終了

| | トラックバック(0)

月曜日一日石積みをして、火曜日現場に行ったら、石積み延長のご要望。ボリュームが足りなかったのか、気に入っていただけたのか、どっちもか。いずれにしても喜んでお受けいたしましたが、二日目も一日中石積みで、精魂尽き果ててしまいました。でも、なんとか終了。
石積み
今日は、石積みの裏込めと、既存樹木の移植、などなど。折角、自然の石を積んでいるし、石と石をかみ合わせて動かないようにしてあるので、モルタルは使いたくないのですが、どうしても隙間が出来てしまうので、土が流れ出る心配のあるところだけ、必要最低限、モルタルで充填します。もちろん、表からは見えないように。
石積み
植栽枠が変わったので、植栽計画も急遽変更。我ながら、手早いなぁ。

借金のせいだけではありません。2・3日前から、寝違えたような首の痛みがあり、今朝起きたら、首から背中にかけてコリがひどいのです。幸い、今日は雨で現場は休みにしたので、朝一で近くの接骨院に行って来ました。
とりあえず電気マッサージでコリをほぐしてもらってから、治療。てっきり、枕が合わないかなんかかな、と思っていたら、疲れが溜まっていて骨盤から歪んでいるとの事。確かに、横になってみると左右の足の長さが2センチくらい違うし、体を捻ると右と左で角度が違う。ここの先生は、気功で直してくれます。少しの間じっとして、手をかざしてもらうと、あら不思議。左右対称の体に戻って、首の痛みも取れていました。

体もリフレッシュしたし、雨が上がったら釣りにでも行って、気分もリフレッシュしようかな。でも、やらなくてはならない内業が溜まっているので、無理だな。解禁になってから、まだ一日しか釣りしていないのになぁ.....午後の運命は、天に委ねよう。

今日は石積み

| | トラックバック(0)

今週の現場は、石積み・植栽・敷石他。
石積みと言っても、洋風のもの。この石を扱うのはほぼ1年ぶりで、なかなか作業が捗りません。当たり前だけど、石の形も大きさも一つ一つ違うんだもの。おまけに、石の値段が高いので、選り好みも出来ません。今日のロス率は5%強、といったところかな。一日中固まって作業していたので、疲れた。
石積み

夕焼け

| | トラックバック(0)

携帯の写真をパソコンに吸い上げていたら、こんな写真がありました。データの日付を見ると、5月19日。前々稿と同じ日。きっと、デッキでビールを飲みながら撮ったんだろう。思い出せない。
夕焼け

見学会

| | トラックバック(0)

昨日は、行楽日和。土曜も仕事で、日曜も仕事か、と家族の視線を感じながらも、郡山へ行ってきました。
つくばの東造園さん3人と一緒に、郡山の創苑さんに作庭現場を案内して頂きました。最初のお庭で、早速みなさんの後姿を、パチリ。
見学会
しかし、このあとは喋ってばかりで、撮影不足。創苑さんのブログに写真があるので、そちらをご覧ください。>>>創苑さんのブログは、こちら

日が長くなってきました。明日は、庭仲間とお楽しみの見学会。で、犬の散歩をお休みするので、替わりにさっき行って来ました。
帰り道、家の前の草むらを通ってきたら、「おおっ、素敵な場所だ」。そう、デッキ(縁側)の上に、水色のキャンプ用のイスが。あそこに座ってビール飲んだら旨いんだよなぁ。いい気分なんだよなぁ。
と思ってしまったので、散歩はおしまい。早速1本飲んでしまいました。上の空地で遊ぶ子供たちの声と、夕餉の準備のまな板の音をBGMに。庭の木の枝が風に揺れて、その木に名前の知らない鳥が飛んで来て、すぐに飛び去って。物欲しげに、つまみを凝視する小次郎(飼い犬)がいて。まさに、至福のひとときなのであります。
070519

昨日は、外構屋さんの手伝いで、駐車場拡張に伴う松の移植と庭石の移動・設置。
まずは、一番大きな石、トラックが傾きそうになりながらようやく設置。次に二番手の石。「私は裏が欠けているから、大きな石の左手前に添わせて隠してね。」と言っていたので、言われたとおりに据付。
マツの移植と石組
三番手の石は、最初、大きな石の右隣に持って行ったら、喧嘩してしまったので、塀一杯まで離して仲裁。
マツの移植と石組
庭を造ってから30年くらい経つのでしょうか。おばあちゃんが、「松も石も見違えるように立派になって、じいちゃんも喜ぶわ」とご満足の様子。あとは、根回し無しで移植した松が、枯れないことを祈るだけです。

タタキ

| | トラックバック(0)

今日は、アプローチの舗装。
人と自転車が通るだけなので、コンクリートではなく、足裏にやさしいタタキで。自転車の降り場用に角が斜めになった石を右側に張り出して据えて、あとの石はアクセントにおいて。
またまた、写真を撮り忘れそうになって、慌てて一枚。
三和土たたきの写真

半月も前になってしまいましたが、4月29日、第2回ヘリテージツアーに参加してきました。今回は、内郷地区の炭鉱遺産を巡る、ということで、集合場所がなんと7歳まで住んでいた炭鉱社宅のすぐ傍でした。
感慨に浸る間もなく、陽気の良さにデジカメを忘れてきたことが発覚。でも、知り合いの顔を見つけたので、リンクしてごまかそうっと。

とくながさんのブログはさすが数日後にアップしてあったのですが、前回、詳細なリポートをしていた期待のJ君のがまだ。自分で書け、って事かと思っていたら、たまたま別なブログで記事を発見したので、そのブログ「ミスターQとアニーハのふるさと珍道中」にリンクさせてもらいます(無断ですみません)。

それにしても、暖かいお天気のいい日でした。ちょうど新緑の頃。車を置いて歩くだけで、普段、車から見ている景色がこんなに気持ちいい。
内町公園のアオダモの花

5日前の写真です。
連休最終日、我が家の庭の状況を記録しておきました。去年の夏にお客さんの庭から引き上げたキレンゲツツジが、畑の隅に置きっぱなしになったまま、けなげにも満開になっています。背景は、食べきれずに開花してしまった菜の花。庭にも、片隅にキレンゲツツジが咲いています。1年前から、庭作りは進んでいません。
キレンゲツツジ 雑木の庭
犬用の水入れは、ヒヨドリらしき野鳥の水場にもなっています。たまに来ては、水を飲んで、ドッグフードをついばんでいます。
ヒヨドリ

二ツ箭山行

| | トラックバック(0)

5日はこどもの日。我が家にはもう一匹子供がいるので、5人と一匹でハイキングです。
最初の予定では、猫鳴山へ。国道399号から林道に入り、途中に営林署のゲートがあるので、車はそこまで。林道を歩いてゆくと、道端の水溜りにヒキガエルの卵とオタマジャクシ、それに親ガエルまで勢揃いでお出迎えです。途中、川原で休憩して。。。
二ツ箭山行 二ツ箭山行
さらに林道を終点まで進むと、そこが猫鳴山への登山口。でも、道は川を横切っています。靴を濡らしながら、子供たちを背負って冷たい川を渡ることにくじけて、とりあえず、ここでお昼。
二ツ箭山行
おにぎりを食べた後、子供たちは川で水遊び。私のリュックには、偶然にも釣竿が。折角なので、毛鉤をつけて釣り糸を垂らしてみたら、ちびっ子イワナが飛びついてきました。この日はこどもの日。即席プールで泳いだあと、ちびっ子イワナは、川へ帰ってゆきました。
二ツ箭山行 二ツ箭山行
猫鳴山へのモチベーションがすっかり下がってしまったので、あっさり撤退。帰路、山越えの林道に入ると、二ツ箭山への裏ルートがあります。1kmコースなので、ちょっと寄り道。アカヤシオの名残咲きを見上げながら進むと、山頂へ到着。ここが本当の山頂。メジャーな二ツ箭山は、山体の前衛峰なのです。
二ツ箭山行 二ツ箭山行
でも、アセビの群落に囲まれて、眺望はききません。下の写真は、途中の後衛峰からの眺め。川内村の方向に連なる山々が見渡せました。コース沿いには、アカヤシオのほかに、シロヤシオ・ミツバツツジ・アブラツツジ・ヤマツツジと、落葉性ツツジが芽吹き始めていました。アカヤシオはもう終わりですが、これから一月ほどはいろいろなツツジの花が楽しめそうです。
二ツ箭山行 二ツ箭山行

暦どおりの連休。3日は、去年に引き続き、松川浦へ潮干狩りに行きました。
帰り道、汗を流しに広野町の折木鉱泉に。アルカリ泉のツルッとした肌触りが気持ちいい。中学生のとき、30年近く前に来たときは、もう少し広いお風呂だったような気がします。建物も板張りの外壁でいかにも湯治場、という雰囲気でしたが、はやり変わっています。でも、外形はそのままで、昔の雰囲気が残っていました。
この季節、ただ自然の中にいるだけで気持ちいいので、近くの山を歩きながらゆっくり湯治でもしたいものです。湯治棟は今でも営業しているようで、どっぷりいわき弁のおばちゃんたちの声が聞こえました。
折木鉱泉 折木鉱泉

初・虹

| | トラックバック(0)

今日も、雨のため内業。

昼頃に上がる予報だった雨が、夕方まで残り、結局は一日雨でした。
ついさっき、雲が切れて、西の山に沈みかけた太陽の光が、東の山に差し込みました。雨上がりの澄んだ空気で、新緑の山がきれいに見えたので、デジカメを取って来たら、虹が。
わずか、10分足らずのショーでした。
虹

このアーカイブについて

このページには、2007年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年4月です。

次のアーカイブは2007年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31