2006年8月アーカイブ

名も知らぬ花

| | トラックバック(0)

庭のヤマボウシの木の根元に、名も知らぬ野草が花を咲かせています。ヤマボウシの根っこに付いてきたのでしょう。薄紫の可憐な花です。

庭師が、名も知らぬ、では恥ずかしい気がしたので、調べてみました。ソバナでした。新芽は山菜です。
名も知らぬ花

夕涼み

| | トラックバック(0)

お墓参りや新盆回りを13日に済ませ、天気のよくなった14日は、またまた海へ。干潮時刻に合わせて、三崎公園の下に、磯遊びに行ってみました。外海からたまに寄せる波や、ごつごつした岩も子供たちには楽しいようで、休もうともせずに遊んでいました。

たっぷり遊んできた後は、お風呂で汗を流して夕涼み。やっぱり、縁側がいいんだなぁ~。
昨夜、迷い込んできたカブトムシも、スイカのおすそわけを貰って、山へ帰ってゆきました。
夕涼み 夕涼み

何ヶ月ぶりかに、仕事も家族サービスも無い自分だけの休日になりました。

一日中釣り三昧、のはずが、釣り始めてすぐに雷雨。増水気味なので、ヤマメを諦めて源流のイワナ。最近はどこに行っても釣り荒れてて、こんな小型ばかりです。まぁ、腕が悪いのもあるけど...でも、沢を遡るだけでも楽しいものです。いわきにも、ヤマメやイワナが住むこんな沢が、けっこう残っているんです。ちびっ子イワナちゃんたち、大きくなったらまた会いましょう。
完全無欠の休日 完全無欠の休日
そういえば、この沢近くで、去年の今頃、イノシシの母子に出くわしました。林道を歩いていたら10mくらい前を横切る2匹。親イノシシの堂々としたお姿に、身動きも出来ずにただ見送るのみでした。やっぱり、母は強し。「イノシシさん、イノシシさん、ウチも同じですよぉ~」。。。

長梅雨の影響が気になって、これまで植えた木々を見回りました。日中は快晴だったので、夕方、薬剤散布が必要な場所に再訪問。帰ってきたら7時半。

いつものように縁側で一息ついていたら、東の空に大きな月が。少し欠けてきているので多分十六夜。十七夜?どっちにしても大きな月。左上を向いて杵を振るあげているウサギが、はっきりわかる。やっぱり、一眼レフが欲しいなぁ。このデジカメじゃ、ちゃんと映らないや。

子供の頃は日暮れまで遊んで、よく見ていた景色。
電車と地下鉄で通勤していたサラリーマン時代に、毎日、目の前の他人の背中と足元ばかり見ていた帰り道、ふと見上げた空が子供の頃と同じだったことに、妙に感動した記憶があります。
同じ月が、また目の前に。まだ出来上がっていないけど、いいよなぁ、この庭。
今日も、酒がうまいや。
十六夜(いざよい)

4日目も、快晴。

気持ちも晴れやか...のはずが。朝食を食べていたら、下の子がぐずって、ついつい怒ってしまいました。子供たちも、疲れが溜まってきているんだよなぁ、って分かっちゃいるけど。。。また、やっちゃった。
最終日は、あまり疲れないように、南陽市の夕鶴の郷へ、語り部の昔話を聞きに行くことにしました。子供たちには、方言が良く分からなかったみたいだけど、いろいろなお話や昔の遊び道具が面白かったようです。
昼食に米沢ラーメンを食べた後、帰路に。上の子と下の子は、米沢からいわきまで、爆睡でした。みんな、お疲れ様。


子供たちがあと何年一緒に付いて来てくれるか、と思うと、忙しくてもお金の余裕が無くても、何とかして連れて行ってあげたいと思ってしまいます。いろいろな思い出を作ってあげて、いろいろなことを教えて、経験させて、一緒の時間を共有して、お互いに成長できたらと思います。でも、本当は、こちらが気づかされて、成長させてもらって、喜ばれる喜びをもらって。だからみんなで行きたいのかも知れません。

この時期だけの家訓があります。
ひとつ、お金は返せるが、時間は返せない。
ひとつ、お客様に怒られても、死ぬことはない。

今年も、何件かのお客様に、作業をお盆明けまで待っていただきました。快くご了解いただいた皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
それから、忙しい時期に手を貸してくれた同業者仲間のみなさん。いつもありがと~。

3日目も快晴。
昨日、買出しできなかったので、朝食は保存食で。ご飯とインスタント味噌汁と梅干と海苔ときゅうりのキュウちゃん。やっぱり、朝は和食がうまい。
さすがに朝は涼しいので、朝のうちに新潟の海水浴場へ移動することに。出発の準備が整うまで、子供たちはやっぱり貝殻拾いでした。
キャンプ3日目
今日の海水浴は、笹川流れで。空も海も青く澄んで、見ているだけでも気持ちいい。波が穏やかなので、遊ばせるほうも楽です。午前中いっぱい遊んで、子供たちも大満足でした。
キャンプ3日目 キャンプ3日目
存分に遊んだ後は、村上市のスーパーで、今晩の食材と昼食の買い出し。今日も昼食は車中になってしまいました。
念のために、今日のキャンプ予定地へ連絡してみると、熊が出るので、やめた方がいいって...急遽、白川湖畔に変更。一応、連絡してみると、熊は大丈夫だ、とのこと。
月曜日のためか、他にキャンパーは無く、貸切で使わせていただきました。管理している白川荘で久々の温泉につかり、ジンギスカンをほおばりながら、最終夜は静かにふけゆくのでした。本当に、静かに...
キャンプ3日目

2日目も快晴。キャンプの朝はやっぱり気持ちいい~。
この日の朝は、前日の残りのお肉と野菜でサンドイッチでした。
キャンプ2日目<br />
朝ゆっくりしていたので、昼食は車中でコンビニおにぎり。午後1時頃、目的地の山形県鼠ヶ崎キャンプ場・海水浴場に到着。ゆっくり海で遊べるように、パンガローを予約していたのに、それらしいものが無い。。。管理人に案内されたところがココ。
キャンプ2日目<br />
どうりでキャンプ場ガイドにバンガローの写真が載っていなかったわけだ。でも、まあこれも旅の一興か...と思うことにしよう。目の前にはプライベートビーチが広がっているんだし。
子供たちには、バンガローの外観が少しも気にならないようで、海水浴と貝殻拾いに夢中です。よかった、よかった。
でも、翌日、工事現場の脇を通ったときに、下の子が突然叫びました。「バンガロー」(あれは作業員詰め所だ)。しばらくしてまた、「バンガロー」...(違う!)。。。「バンガロー」...「違うっつってんだろ~」

すっかり遊びに夢中になってしまったせいで、夕暮れの時間が近づいてきました。食料を買出しに出かけても店は無いし。時間がなくなってきたので、お風呂はキャンプ場の温水シャワーで間に合わせることにして、近くの道の駅の食堂で夕食を済ませ、名産のイカの一夜干だけ仕入れて、何とか夕暮れ前にバンガロー?に帰還。
炭火で焙ったイカをつまみに一杯やっていると、夕日は静かに日本海に暮れてゆきます。バンガロー、ロケーションはサイコー。
キャンプ2日目<br />
キャンプ2日目<br />

盆前の仕事も見通しが付いたので、天気予報をにらんで、毎年恒例のキャンプ旅行に行ってきました。
今年は、長梅雨のせいで太平洋の水が冷たそうなので、日本海へ。8月5日10時出発です。

途中、家族みんなが大好きな馬刺しをゲットするため、会津坂下へ。お昼を食べにたまたま立ち寄ったそば屋が大当たり。透明感のあるそばを、おろし汁とかつお出汁と鳥の三種類のつゆで楽しめて、どれも美味でした。馬刺しも、キャンプ場に着いて早速いただきました。
キャンプ1日目 キャンプ1日目
今日のキャンプサイトは、新潟県新発田市の滝谷森林公園。土曜日で利用者がそこそこいましたが、ゆったりとテントを張ることが出来ました。夕食までの間、子供たちは遊具で遊んで、バッタを捕まえて、それから目の前の川で水遊び。子供たちは、はじめてカジカを見ました。「食べられるんだよ。」
キャンプ1日目 キャンプ1日目

このアーカイブについて

このページには、2006年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31